• トップ /
  • 和服に合わせる古風な柄の帯

情緒溢れる古風さ

和服に合わせる古風な柄の帯

和服には古風な帯を合わせます。

和服は襦袢や帯などを合わせて身に着けます。そのため、服自体の柄だけでなく、小物類の柄などにも注目すると、より自分らしさを出すことができます。古風な柄のものを探すことによって、様々なシーンに合い、役立ちます。また、フォーマルなシーンでない場合には、現代的な柄などを合わせてもいいです。同じ和服を身に着けても、合わせる小物などでイメージが変わりますので、その面白さに夢中になる人も多いです。自分で着付けをすることができれば、普段着として使えるものもあるため、その魅力を思う存分に楽しむことも可能となります。

日本の文化で古風と言われるもの

着物の柄

古風と言う言葉はとても日本的で響きのいい言葉です。皆さんが思う、日本の古くて良い所や物はなんでしょうか?今や空前の日本ブーム。海外から古き良き日本の風景や情緒あふれる街並み、工芸品などを求めて多くの外国人の方が訪れます。その方々が日本に来た時に興味を示すものがそう『和服』です。日本の気候風土にとても合ってると共に何と言っても、その色彩模様が他の国には無い事も人気の理由となってます。もちろん、我々日本人にとっても普段は着る事は少ないにしても大事な行事には必ずと言いていいくらい、和服は着ます。日本が世界に誇れる文化を大事に守っていきましょう。

古風な着物の情報

↑PAGE TOP