• トップ

最先端の逆手を取る

和服の古風な柄は時代遅れですか

和服の古典柄は流行に関係ない

和服で古風な柄のことを古典柄と言います。日本の文化や歴史のなかで息づいてきており、いつの時代も愛されています。華やかでいながら飽きのこないデザインと品格で、女性を美しく彩ってくれます。吉祥紋様や季節を表すもの、花などの意匠は、おめでたい席はもちろん、どのような場所でも品よく和服を着ることが出来ます。現代的でモダンな着物も良いものですが、古風な着物は着ていく場所をあまり選びませんし、時代や流行にも左右されず着ることができるものです。振袖、訪問着、小紋など、最初に着物を作る場合にはお勧めしたい意匠です。

心持ちまで変えてくれます

着物の柄

古風なデザインを配した和服は、いつの時代でも色あせることの無い魅力を放ちます。最近では若い人たちもその魅力に気が付き始めたために、街中でも多く見かけるようになりました。そんな中でもやはり古風なデザインのものは人々からの注目や関心を集めています。和服は身にまとっているだけで品があるような雰囲気を出すことが出来ますし、実際着ていると背筋が伸びて心持ちも変わってきます。さまざまなデザインが生み出され、中にはレースなどを用いた派手なものも沢山ありますが、その中でもやはり変わらない古いデザインのものは、より強くそういった心持ちに導いていってくれます。

古風な着物の情報

新着情報

↑PAGE TOP